モモンガは何科?

モモンガは何科?

モモンガは何科?

スポンサーリンク

モモンガは何科なのか?

モモンガという動物は多くの人がご存知でしょう。飛膜を持っており、飛び回ることで有名な動物です。

 

また最近ではフクロモモンガがペットとして人気になっています。フクロモモンガはその名の通り、カンガルーのような袋を持っています。

 

このように独特な特徴をいくつも持つモモンガですが、一体何科なのでしょうか。

 

モモンガとフクロモモンガは違う

モモンガは飛膜という独特な特徴を持っています。しかし何科かというと実はリス科なのです。

 

こう聞くと意外かと思われますが、小動物である点や木の上で生活する点を考えれば、リス科でも納得がいきます。

 

ではフクロモモンガはどうでしょうか。名前にモモンガとついているので、当然モモンガと同じリス科だと思われるでしょう。しかし実は違うのです。

 

フクロモモンガはフクロモモンガ科なのです。

 

フクロモモンガは警戒心が強いながらも、馴れればなついてくれるためペットとしても人気なのです。

 

共通する特徴は滑空能力

モモンガとフクロモモンガはリス科とフクロモモンガ科という大きな違いがありました。しかし両者ともモモンガと名前についているだけあり、共通点も存在します。最大の共通点はやはり滑空能力を持つことでしょう。

 

モモンガもフクロモモンガも飛膜を持ちます。そこで風を受けて滑空します。これは他の動物にはなかなか見られない特徴です。

 

モモンガの滑空は野生の場合だけでなく、ペットとして飼育している場合にも見られます。しかし練習が必要ですし、室内では風が足りないこともあるので、なかなか見られないのが現状です。

 

モモンガやフクロモモンガを飼育する場合には、本来の活動ができるように滑空の練習をさせてあげても良いかもしれません。

スポンサーリンク