モモンガはどのくらいの年齢まで生きる?

モモンガはどのくらいの年齢まで生きる?

モモンガはどのくらいの年齢まで生きる?

スポンサーリンク

モモンガは何歳まで生きる?

小動物の一種であるモモンガ。風を受けて飛ぶ姿も印象的です。そんなモモンガですが何歳まで生きる生き物なのでしょうか。

 

モモンガは小動物の中では珍しく長寿で、飼育下であれば10年以上、場合によっては15歳くらいまで生きることがあります。動物の多くは人間よりも早く年齢を重ねるので、人間の年齢に換算すればかなり高齢になるでしょう。

 

しかし野生の場合は少し短くなります。これは病気などにかかる危険性が、飼育下に比べて高くなるからです。

 

寿命の長さからもペットとしておすすめ

モモンガはかなりの年齢まで生きることがわかりました。見た目の可愛さからペットとして人気となっていますが、年齢の面からもモモンガはペットとしておすすめです。

 

ペットは人間よりも寿命が短いため、先に死んでしまいます。可愛がっていたペットが死んでしまうことは飼い主にとって非常に悲しいことです。

 

もちろんモモンガも飼い主より先に死んでしまうでしょう。しかし他の小動物に比べて長く生きてくれるので、あまり死んでしまうことを意識せずに飼育ができるのです。

 

出来る限りペットを失いたくないと考えている人にとってモモンガは最適と言えるでしょう。

 

きちんとした飼育が重要

モモンガはかなりの年齢まで生きますが、それ飼育下であれば絶対というわけではありません。

 

野生では病気や外敵からの攻撃という危険があるため、飼育下よりも寿命が短くなることは前述しました。もし飼育下でも病気になりやすい環境であれば、10年という長い期間は生きてくれないでしょう。

 

モモンガを最後までしっかりと生きさせるためにも、きちんとした飼育方法で飼育を行い、世話も怠ることなくしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク