ペットとして飼えない「タイリクモモンガ」

ペットとして飼えない「タイリクモモンガ」

ペットとして飼えない「タイリクモモンガ」

スポンサーリンク

モモンガの一種「タイリクモモンガ」

モモンガには様々な種類がいます。その中に一種「タイリクモモンガ」についてみてみます。

 

タイリクモモンガはアジアを始め、ロシアなどにも生息しているモモンガです。

 

フクロモモンガやアメリカモモンガと同様、非常に小さな体をしており、神経質でストレスに弱いという特徴も同じです。

 

しかしタイリクモモンガには他のモモンガとは違った特徴があります。

 

タイリクモモンガは飼えない?

タイリクモモンガの特徴とは、飼育できないということです。

 

厳密に言うと販売や譲渡、繁殖が禁止されています。つまりモモンガの飼育を始めようと思っても、タイリクモモンガは飼えないということです。

 

なぜタイリクモモンガが飼えないことになってしまったのでしょうか。日本には特有のエゾモモンガがいます。もし外来種であるタイリクモモンガが逃がされたとすると、エゾモモンガと交配して、エゾモモンガが減少してしまう可能性があるためです。

 

日本特有の種を守るために仕方のない対応だということです。

 

大切に扱うことが重要

タイリクモモンガを新たに飼うことはできませんが、すでに飼育している場合は飼育可能です。

 

タイリクモモンガが販売や譲渡禁止になったのは2006年のこと。そのため2006年以前からタイリクモモンガを飼育していた場合は、引き続き飼育できるということです。

 

しかしその場合であっても、環境省に申請をして許可を得る必要があります。

 

また2006年以前から飼育されているタイリクモモンガしか飼育できないため、今や非常に貴重な種となっています。

 

もしタイリクモモンガを飼育しているという場合には、絶対に逃がすことはせず、ルールを守って大切に飼育するようにしましょう。

スポンサーリンク