モモンガとムササビの違い

モモンガとムササビの違い

モモンガとムササビの違い

スポンサーリンク

モモンガとムササビはどう違うのか

今やペットとしての知名度も高いモモンガ。そんなモモンガですが、その生態を詳しく知っている人は少ないようです。

 

特にモモンガとムササビの違いを知らないという人も多いのではないでしょうか。

 

どちらも名前は聞いたことがあっても、飛び回るという点では同じです。そのためどう違うのかが分かりにくいのです。

 

ではモモンガとムササビの違いについてみてみましょう。

 

大きさや滑空能力が違う

モモンガとムササビは同じリス科の動物です。しかし大きな違いがあります。それは大きさと滑空能力です。

 

まず大きさですがモモンガは胴が20センチ、尾が15センチほどです。そして体重は200グラム以下です。

 

それに対してムササビは胴が50センチ、尾が40センチほどです。体重は1キログラム以上になるものもいます。

 

大きさで比較すると全く違うことが分かります。

 

またモモンガとムササビの特徴である滑空ですが、モモンガは20メートルほどしか飛べないのに対して、ムササビは100メートル近く飛ぶことができます。

 

ムササビはモモンガに比べて体長が大きい分、風を受ける面積も大きくなるため滑空能力が高くなっているのです。

 

ムササビは日本でしか見られない?

モモンガとムササビは生息地にも違いがあります。

 

モモンガは世界各地に生息しています。しかしムササビは日本にしか生息していないのです。つまりモモンガとムササビの違いに悩んでいるのは日本人だけだということです。

 

とはいってもムササビの数は非常に減少しており、絶滅危惧種になっているほどです。いずれは日本でも姿を見られなくなるかもしれません。

 

モモンガとムササビを両方見られるのは日本だけです。この環境をいつまでも守っていきたいものです。

スポンサーリンク