モモンガが扇風機の風で飛ぶ?

モモンガが扇風機の風で飛ぶ?

モモンガが扇風機の風で飛ぶ?

スポンサーリンク

モモンガは風を受けて滑空する

モモンガは哺乳類でありながら滑空することができる珍しい生き物です。

 

モモンガは手足の間に飛膜を持っており、そこに風を受けることで滑空します。滑空能力も非常に高く、数十メートルを飛ぶこともできます。

 

こういった特性を持っているモモンガは、飼育下で可愛らしい姿を見せてくれます。

 

扇風機の風を当てると飛膜を広げる

モモンガの可愛らしい姿はネット上に公開された動画から話題になりました。

 

モモンガに扇風機の風を当てると、滑空している時のように飛膜を広げるのです。この行動が、扇風機の風によって飛んでいると勘違いしたものか、風が当たることで本能的に飛膜を広げているのかはわかりませんが、例え飼育下であっても滑空することを忘れたわけではないということです。

 

またこの動画のモモンガは人間の手に乗せられた状態で飛膜を広げていたため、非常に可愛らしいと話題になったのです。

 

滑空の練習になる?

扇風機の風を当てることで、滑空する時のように飛膜を広げるモモンガですが、飼育下においての滑空の練習になるのでしょうか。

 

飼育下であっても滑空することは忘れていないものの、ケージの中など狭い範囲で飼育されるモモンガは滑空する機会がありません。そのため実際には滑空できないものもいるでしょう。

 

そういった場合に扇風機の風を当ててあげると滑空の練習になりそうです。

 

ただこれが本当に効果を発揮するのかは明確ではありません。また飼育下では滑空する機会がないので、滑空の練習自体もそれほど必要性があるわけではありません。

 

たまに扇風機の風を当ててあげても良いかもしれませんが、モモンガを飼育するうえで必ずしも必要となることではありません。

スポンサーリンク