モモンガの爪切り

モモンガの爪切り

モモンガの爪切り

スポンサーリンク

モモンガの爪切りは必要か?

モモンガには小さいながらも手足に爪があります。もちろん時間が経つと伸びていきますが、モモンガを飼育している場合には爪切りが必要なのでしょうか。

 

モモンガの爪は伸びすぎてしまうと、行動中に引っかかったり、身体や目を傷つけたりと、怪我の原因となってしまいます。

 

野生の場合は人間が爪切りするわけではないため、自然界にある木や石で自然と研げるようになっています。

 

しかし飼育下では行動範囲が狭いため、自然と爪が研げることはほとんどありません。ですから飼い主が爪切りをしてあげる必要があります。

 

爪切りの際の注意点

モモンガの爪を切る際には注意が必要です。モモンガの爪には他の動物と同じように血管が通っています。爪を切り過ぎてしまうと血管を傷つけてしまうことになるので、切り過ぎないようにしましょう。

 

また血管を傷つけないまでも、あまりに短く切り過ぎてしまうと、木に登るというようなモモンガ本来の行動ができなくなる可能性があります。

 

怪我をしない程度の長さにしてあげることが大切です。

 

なれていないモモンガは病院で爪切りを

モモンガは警戒心が強い生き物です。そのため飼い始めなどは飼い主にも威嚇するでしょう。このような時に無理に爪切りをしてしまうと、モモンガが暴れてしまい思わぬ事故につながる恐れがあります。

 

またモモンガの爪は小さいので、たとえ暴れなくても難しい場合があります。

 

このような時には動物病院に連れて行って爪切りをしてもらいましょう。動物病院は病気だけでなく爪切りだけでも対応していることがあります。

 

また行きつけの動物病院を探すきっかけにもなります。

 

無理に自分で行うとモモンガを傷つけることになるので、決して無理はしないようにしましょう。

スポンサーリンク