モモンガをベタ慣れさせる

モモンガをベタ慣れさせる

モモンガをベタ慣れさせる

スポンサーリンク

モモンガはベタ慣れする?

最近はモモンガを飼育しているという人が増えています。それほど小さくて可愛らしいモモンガですが、飼育するうえで問題点があります。それはモモンガの警戒心が強いということです。

 

生き物を飼育する場合、飼い主に慣れてじゃれてくる方が望ましいものです。しかし警戒心が強いモモンガは、なかなか飼い主に慣れてくれないのです。

 

ところがモモンガを飼育している人の中には、ベタ慣れと呼ばれる状態にしている場合もあります。

 

ベタ慣れのモモンガは飼い主にじゃれてくることはもちろん、飼い主の服の中で眠るということもあります。

 

しかしどのようにすればモモンガをベタ慣れさせることができるのでしょうか。

 

においを覚えさせることが重要

モモンガをベタ慣れさせる場合に重要なのは、においを覚えさせることです。

 

モモンガが飼い主のにおいを安全なものだと認識してくれれば、飼い主に対して警戒することもなくなりますし、じゃれてくるようにもなります。

 

においを覚えさせる場合に良い方法としては、においをかがせつつ餌を与える方法です。

 

こうすることで飼い主のにおいと餌を貰えるということが結び付き、飼い主は安全な存在だと思うようになるのです。

 

赤ちゃんのころは接しやすい

モモンガをベタ慣れさせるには時間がかかります。そのため赤ちゃんのころから飼育する方が慣れさせやすいと言えます。

 

また赤ちゃんのころから飼育することで、飼い主が接しやすいというメリットがあります。

 

モモンガが飼い主を警戒している間は、無理に触れようとすると噛みつきます。モモンガは小さな生き物ですが、噛みつかれればそれなりに痛いです。

 

しかし赤ちゃんのころであれば、噛みつかれてもそれほど痛くはありません。そのため接しやすくなるのです。

 

もしモモンガをベタ慣れさせたいのであれば、赤ちゃんのころから世話をし、しっかりとにおいを覚えてもらいましょう。

スポンサーリンク