モモンガを保温する重要性

モモンガを保温する重要性

モモンガを保温する重要性

スポンサーリンク

フクロモモンガは寒さに弱い

モモンガを飼育するうえで温度管理は重要です。

 

現在日本で飼育されているモモンガの多くはフクロモモンガという種類です。このフクロモモンガは寒さに弱く、26度ほどが最適な温度となります。

 

もし寒くなり過ぎると病気の原因になることがあります。

 

また同じフクロモモンガでも、赤ちゃんの場合は最適な温度が30度ほどになります。成長具合によっても温度を変えなければなりません。

 

寒さが厳しくなると冬眠する

フクロモモンガにとって最適な温度は26度ほどですが、もし10度を下回るようなことがあれば、フクロモモンガは冬眠してしまいます。

 

ところがこれは普通の冬眠ではありません。フクロモモンガは本来冬眠をしません。しかし寒さが厳しくなると命を落とす危険があります。そのため少しでも生きながらえるために、身体の機能を最小限にとどめて仮死状態になるのです。

 

つまり最悪の場合、命を落とす可能性もあるということです。

 

室内で飼育している場合に10度を下回ることは頻発しないかと思いますが、可能性として全くないわけではないため注意したいところです。

 

保温をしっかりと行う

このようにモモンガを飼育する場合は温度をしっかりと管理しなければなりません。フクロモモンガの場合は保温が必要です。

 

しかし保温はそれほど難しくはありません。例えばペットショップにペット用のヒーターが売られています。これをケージの近くに置いてあげるだけで温度を上げることができます。

 

また暖房が付いている部屋であれば、暖房をつけるだけで簡単に保温ができます。

 

このような器具を使うと電気代が気になるかもしれません。しかしモモンガが命を落とす危険性を考えれば、それほど気になるものでもないのではないでしょうか。

スポンサーリンク