モモンガと冬を越す

モモンガと冬を越す

モモンガと冬を越す

スポンサーリンク

モモンガにとって冬は危険?

モモンガを飼育する人が増えていますが、モモンガは最近になって飼育されるようになってきた生き物です。そのため飼育方法を知らないまま飼ってしまうという人も少なくはありません。

 

しかし飼育するうえで絶対に知っておくべきことがあります。それはモモンガにとって冬は危険だということです。

 

実はモモンガは寒さに弱いのです。日本で飼育されることが多いフクロモモンガは特に寒さに弱いという特徴を持っています。

 

アメリカモモンガの場合は寒さに強いですが、極端な寒さには耐性がなく、15度を下回ると危険です。

 

つまりモモンガを飼育する場合、寒くなる冬は注意しておくべきです。

 

暖房などは惜しまず使う

モモンガを飼育している場合、冬を越えるには暖房などの保温器具を惜しまず使うことが大切です。

 

人間が使う暖房でも室温をあげることができますし、ケージに設置して使うヒーターも便利です。また保温のための電球なども販売されています。

 

このように冬を越えるための器具はたくさん販売されているので、温度管理は簡単に行えます。様々なものを使ってみてください。

 

赤ちゃんの場合は要注意

モモンガは冬の寒さに注意しなくてはなりませんが、赤ちゃんの場合はさらに注意が必要です。

 

モモンガの適温が26度ほどであるのに対して、赤ちゃんは30度ほどが必要です。まだ生まれたばかりであれば体温を調整する機能が整っていません。そのため飼い主がしっかりと保温してあげなければならないのです。

 

モモンガは温度管理に失敗すると病気にかかってしまったり、最悪の場合は命を落としたりします。

 

そういったことを避けるためにも、特に冬は温度管理を徹底してモモンガを守ってあげましょう。

スポンサーリンク