モモンガは冬眠する?

モモンガは冬眠する?

モモンガは冬眠する?

スポンサーリンク

モモンガが冬眠した

モモンガは小動物の中でも寿命が長い生き物です。そのためモモンガを飼育すると何度も冬を迎えることになります。

 

冬になるとモモンガがずっと眠って動かないという状態になることがあります。まるで冬眠のような状態です。

 

このモモンガの冬眠のような状態を目にすると驚くかもしれませんが、実際には放置しておいても大丈夫なのでしょうか。

 

モモンガは冬眠しない生き物

モモンガが冬眠のような状態になった場合、放置しておくことは危険です。なぜならモモンガは本来であれば冬眠しない生き物なのです。

 

ではなぜ冬眠したようにずっと眠って動かなくなるのでしょうか。

 

モモンガは寒さに弱い生き物です。気温が低くなると命を落とす危険が出てきます。そこで身体の活動を最小限に抑えることで、少しでも長く生きようとするのです。いわゆる仮死状態です。

 

これはモモンガにとっての最終手段であり、あまり長く続けば命を落とすこともあります。

 

つまり冬眠はモモンガにとって避けるべきものだということです。

 

冬眠状態にならないように温める

モモンガと冬を迎える場合、しっかりと温めることが重要になってきます。

 

モモンガにとっての適温は26度なので、この温度を保つように暖房などで調整してあげましょう。

 

またケージ内に布団のようなものをいれてあげておくことで、モモンガ自らが暖を取ることもできます。

 

モモンガの飼育中に冬眠状態は目にしてはいけないものなので、しっかりと温度調節をしましょう。

 

また万が一冬眠状態になった場合でも、冬眠だと軽視して放置してしまうのではなく、即座に保温を開始するようにしてください。対処が早ければ影響を及ぼさずに回復させることもできるはずです。

スポンサーリンク