モモンガをアクリルケージで飼育する

モモンガをアクリルケージで飼育する

モモンガをアクリルケージで飼育する

スポンサーリンク

モモンガ飼育で使うケージ

モモンガは小動物なのでケージに入れて飼育します。そのためモモンガの飼育を始める場合には、まずなによりも先にケージを購入しておかなければなりません。

 

しかしペットショップに行ってみるとケージにもたくさんの種類があります。大きさが違うものもあれば、素材が違うものもあります。

 

そのため初心者であればどのケージを選べばよいのか迷ってしまうでしょう。

 

モモンガを飼育する場合につかうケージはどのタイプが良いのでしょうか。

 

アクリルケージのメリット

モモンガの飼育をする場合におすすめなのはアクリルケージです。これは透明のアクリル板でできたケージで、水槽のようなものです。

 

なぜアクリルケージが良いのかというと、アクリルケージは四方がふさがれています。モモンガは排泄物の臭いが強い場合があるため、臭いが外に漏れにくくなるのです。

 

また金網のケージの場合、モモンガの排泄物で錆びることがあります。その錆び部分をモモンガが齧ってしまうと、健康に影響を及ぼす可能性も否定できません。

 

さらに金網のケージであれば、モモンガが動き回った際に手足を引っかけてしまい怪我をする危険性もあります。

 

アクリルケージは安全性も高いと言えるのです。

 

アクリルケージのデメリット

アクリルケージはおすすめですがデメリットもあります。

 

まず金網のケージのように、モモンガが手足を引っかける場所がなくなります。そのためモモンガが動き回りにくくなります。ケージの中に木を設置してあげるなどして、運動不足にならないような工夫が必要です。

 

そしてなによりもアクリルケージは価格が高いのがデメリットでしょう。物によっても違いますが、金網のケージの3倍近い価格の物もあります。

 

しかし使いやすい物なので、奮発して購入してみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク