モモンガの成長に欠かせないミルク

モモンガの成長に欠かせないミルク

モモンガの成長に欠かせないミルク

スポンサーリンク

赤ちゃんのモモンガにとってミルクは重要

モモンガを飼育下で繁殖させる場合、多くは親が育児をしますが、親のモモンガへのストレスなどによっては育児放棄をすることもあります。

 

そういった場合は飼い主の手で赤ちゃんを育てていかなくてはなりません。そこで使うのが市販のミルクです。ミルクには様々な栄養素が含まれているので、赤ちゃんの成長にも役立ちます。

 

また離乳の時期には離乳食を与えますが、これはフードをミルクでふやかして作ります。

 

そのため赤ちゃんのモモンガにとってミルクは非常に重要な存在なのです。

 

ミルクを与える際の注意点

モモンガの赤ちゃんにミルクを与える場合、与えるペースが重要になります。

 

基本的には3時間から4時間に1度ミルクを与えなければなりません。しかしモモンガによっては1度に少ししか飲まないことがあります。そういった場合にはミルクを与える回数を増やす必要があります。

 

またミルクの温度は30度から40度と高めの温度で作って与えます。

 

こうすることで親が授乳する場合に近い状態でミルクを与えることができるのです。

 

飲まなくなったら味を変えてみる

赤ちゃんにはミルクが重要ですが、稀にミルクを飲まなくなるということもあります。これでは栄養を補給できなくなるため、飼い主も非常に心配になるでしょう。

 

こういった場合はミルクの味を変えてみてください。市販のミルクにはフルーツの味が付いたものなども販売されています。そういったミルクを使うことで、再びミルクを飲むようになるかもしれません。

 

また味を変えてミルクを飲むようになったら、味を定期的に切り替えながら与えていくと飽きることなく飲んでくれます。

 

モモンガの赤ちゃんにミルクを与えることは大変なことが多いですが、工夫をしてしっかりと育つように手助けしてあげましょう。

スポンサーリンク