モモンガが下痢をする原因

モモンガが下痢をする原因

モモンガが下痢をする原因

スポンサーリンク

モモンガが下痢をする

モモンガを飼育するうえでモモンガの変化をしっかりと観察しておくことは、飼い主の義務とも言えることです。なぜならモモンガの少しの変化から体調不良などを発見できることがあるからです。

 

モモンガの体調不良における変化で最も分かりやすいのは下痢です。

 

モモンガの排泄物を観察すると、明らかに状態の悪い便が見られることがあります。

 

ではモモンガが下痢をする場合にはどのような原因が考えられるでしょうか。

 

餌やストレスが原因

モモンガが下痢をする原因は餌やストレスであることが多いです。

 

例えば餌を食べすぎた場合や、今までの餌と違う餌を食べた場合などには下痢を引き起こすことがあります。

 

餌を変えたことで下痢を起こす場合でも、何度か食べさせることで下痢をしなくなるでしょう。

 

またモモンガはストレスを感じやすい生き物です。飼育環境の中でストレスになる物があることで下痢を起こすこともあります。

 

この場合はストレスの原因となる物を、モモンガのそばから離してあげるようにします。

 

これらが原因で起きる下痢は、しっかりと対処すれば大事には至らないでしょう。

 

感染症による下痢の場合もある

下痢の中には放置しておくと危険なものもあります。それが感染症による下痢です。

 

モモンガは感染症にかかる可能性が高いものです。ペットショップで販売されている時から感染症にかかっている可能性がありますし、多頭飼いしている場合には飼育する中で他の個体から感染することもあります。

 

しかし感染症にかかっても見た目に変化はなく、下痢などの症状で発覚することが多いため、なかなか見つけにくいのです。

 

感染症にかかっている場合は放置してしまうことで命に係わることもあります。そのため排泄物もしっかりと観察しておくことが大切なのです。

スポンサーリンク