モモンガの自傷行為の原因

モモンガの自傷行為の原因

モモンガの自傷行為の原因

スポンサーリンク

モモンガはストレスを感じやすい

可愛らしい姿が話題となりペットとしても人気となっているモモンガ。そのため飼育しているという人も多いでしょう。

 

しかしモモンガを飼育することはそれほど簡単なことではありません。その理由の一つとして、モモンガはストレスを感じやすいという特徴があります。

 

モモンガは警戒心が強く、外敵の存在を感じると大きなストレスを抱えます。つまり人間が常にいる飼育下では、モモンガへのストレスも大きくなるのです。

 

ではモモンガがストレスを感じた場合、どのような行動がみられるのでしょうか。

 

ストレスによる自傷行為

モモンガがストレスを感じると様々な変化が見られます。しかしその中でも最も痛ましいのが自傷行為です。

 

生き物はストレスを感じるとそれを発散しようとします。犬であればものに噛みついたり、猫であれば引っかいたりというような行動を起こします。

 

しかしモモンガは物に対して攻撃を行わず、自分の身体に攻撃してしまうのです。その結果、身体が傷だらけになり、各部が壊死して取れてしまうこともあります。
また傷口から感染症にかかるということもあるでしょう。

 

そのためモモンガにできるだけストレスを抱えさせない環境を作ることが重要となるのです。

 

ストレスに気を遣った飼育環境を作る

モモンガを飼育する場合には、ストレスに気を遣った飼育環境を作るようにしましょう。

 

まずモモンガは人間など大きなものを警戒します。そのためモモンガのケージの近くに大きなものを置いてしまうと常にストレスを感じることになります。

 

また頻繁に来客がある場合も、常に知らない人間が来ることからストレスになりかねません。

 

そして一番注意するべきはケージの大きさです。モモンガは動き回ることが好きな生き物なので、狭いケージでは動き回れずにストレスになります。

 

こういったストレスを一つずつ解消していき、自傷行為をしないで済むような環境にしてあげましょう。

スポンサーリンク