モモンガのしっぽ

モモンガのしっぽ

モモンガのしっぽ

スポンサーリンク

モモンガにとってしっぽは重要

モモンガの特徴といえば手足の間にある飛膜です。これに風を受けることでモモンガは長距離の滑空をすることができます。

 

しかしモモンガの特徴はもう一つあります。それがしっぽです。モモンガにとってしっぽは非常に重要で、滑空の際にバランスをとるために使います。

 

飛膜としっぽをうまく使うことでモモンガは飛ぶことができるということです。

 

モモンガがしっぽを振る意味は?

モモンガのしっぽは滑空の際に重要ですが、飼育下での行動でも使うことがあります。例えば犬のようにしっぽを振るといった行動に使われます。

 

犬であればうれしい時にしっぽを振りますが、モモンガの場合もうれしい時にしっぽをふるのでしょうか。

 

実はモモンガがしっぽを振るのは情緒不安定になっている時です。特に人間で言う思春期の時期になるとみられる行動です。

 

しっぽを振る行動はそれほど心配しなくても大丈夫ですが、あまりに長く続くようであれば病院に相談に行った方が良いでしょう。

 

しっぽを噛む際に注意すること

モモンガが生活するうえで様々な使われ方をするしっぽですが、稀にモモンガが自分でしっぽを噛むことがあります。

 

モモンガはストレスが溜まると自分の身体を傷つけることがあり、しっぽを噛むこともあるのです。

 

しっぽを噛むとしっぽに傷が残りますし、しっぽが千切れてしまうこともあります。さらには傷口から感染症に発展する危険性もあります。

 

しっぽを噛むという行動がみられる場合には、まずストレスになるものをモモンガの周辺から排除していきましょう。

 

そして傷が残っている場合には病院に連れて行って、的確な対処をしてもらいましょう。大事に至る前に処置することが重要です。

スポンサーリンク