モモンガが威嚇する

モモンガが威嚇する

モモンガが威嚇する

スポンサーリンク

モモンガが威嚇する際の行動

ペットとして飼育される生き物でも元々野生なので、常に外敵からの攻撃の危険にさらされています。そのため外敵が近づいてきた時のために威嚇の行動を行います。

 

これはモモンガでも同様です。ではモモンガが威嚇する場合にはどのような行動を行うのでしょうか。

 

まず鳴き声に特徴が出ます。モモンガが威嚇している場合、機械音のような鳴き声を発します。そして手足を広げて自分の身体を大きく見せます。

 

もしこういった行動が見られた場合には、何かに対して威嚇していると考えましょう。

 

飼い主に対しても威嚇する

モモンガが威嚇する対象は飼い主の場合もあります。特に飼い始めは飼い主に馴れていないため外敵と判断されてしまい威嚇されます。

 

モモンガが威嚇している時に無理に触れると噛まれることもあります。モモンガは身体が小さいですが、噛まれれば痛みは感じます。

 

また可愛がっているモモンガに噛まれると、飼い主はショックを受けてしまうかもしれません。

 

そのためモモンガの威嚇する際の行動を見極めて、威嚇している時はむやみに触らないようにしておきましょう。

 

においを覚えさせて少しずつ馴らしていく

モモンガは飼い主に対して威嚇することもありますが、ずっと威嚇されたままでは世話をする際にも不便です。そのためモモンガを馴らしている必要があります。

 

モモンガの馴らし方には様々な方法がありますが、最も一般的なのはにおいを覚えさせる方法です。

 

布を1枚用意して、その布を数日間身に着けておきます。

 

そして布ににおいがついたところでその布をモモンガのケージに入れます。この時布の上に餌を置いても良いかもしれません。

 

こうすることでモモンガが飼い主のにおいに馴れてくれ、次第に威嚇しなくなっていくのです。

 

最初は威嚇されても仕方ないので、焦らずにゆっくりと馴らしていきましょう。

スポンサーリンク