モモンガの骨格の特徴

モモンガの骨格の特徴

モモンガの骨格の特徴

スポンサーリンク

滑空することが特徴のモモンガ

モモンガは哺乳類でありながら滑空する珍しい生き物です。

 

モモンガが滑空する場合は、手足の間に広がった飛膜を広げて風を受けることで滑空します。またしっぽによってバランスをとることで、バランスを崩して落下してしまう危険性を減らしています。

 

そんな大きな特徴を持っているモモンガですが、他の哺乳類が持たない特徴を持っているため骨格にも特徴が表れているのでしょうか。

 

骨格に現れる特徴

モモンガは滑空するという特徴を持っているため、骨格にも大きな特徴が表れています。

 

その特徴は手足にあります。

 

まずモモンガは飛膜に風を受けて滑空するため、飛膜の面積が広くなければなりません。それゆえに手足の骨が他の生き物よりも長くなっており、そのぶん飛膜の面積も広くなっています。

 

そしてもう一つが前足の骨から垂直に生えている骨です。この骨があることで飛膜をより広げやすくなると考えられます。

 

これらは滑空するモモンガならではの特徴です。

 

頭骨にも大きな特徴がある

滑空すること以外でも骨格に特徴が表れています。

 

モモンガの目は非常に大きく、それによって非常に可愛らしい顔になり、ペットとしての人気も出ました。このように目の大きさもモモンガの特徴です。

 

そして目が大きいために目を支えるための特徴が頭骨に表れているのです。

 

モモンガの頭骨は眼孔上部にでっぱりが見られます。これによって大きな目を支えているのです。これは他の哺乳類ではなかなか見られない特徴です。

 

このようにモモンガならではの特徴によって骨格にも様々な変化が表れています。前足の骨はモモンガと触れ合う中で触ってしまうことがあり、無理に力を加えると骨折する可能性もあります。

 

モモンガの骨格の特徴を知ったうえで骨折などをさせないように注意しましょう。

スポンサーリンク